APARTMENT

長期的な安定収入を可能とする「都市型マンション投資」。
リスクを抑え、安心の人生設計をお手伝いします。

明るい兆しが見えてきたとはいえ、日本の経済情勢は何があってもおかしくない状況が続いています。どんな時代でもご自身の生活はご自身で守ることの重要性がいっそう高まっているのです。そこで注目していただきたいのが、私たちの提案する「都市型マンション投資」。資産価値が下落するリスクはきわめて低く、かつ少額の自己資金でスタートでき、長期的に確実な収入を得られるからです。生命保険や年金の代わりにもなり、節税効果も期待できる、堅実かつメリットの大きな投資モデルです。

01

大企業であっても退職金が抑えられ、高齢での再就職はますます厳しくなっています。しかも、年金の支給額は年々減額され、支給開始年齢のさらなる引き上げも現実味を帯びています。そんな状況にあっても、マンションの家賃収入は、退職後の安定した収入源として、半永久的な年金の代わりとして、暮らしを支え続けてくれます。マンションの購入費を払い終えたなら、その後の家賃収入はそのまま「私設年金」の代わりになります。仕事をリタイアした後もマンションは実物資産として残ることとなり、ご家族の将来にとっても安心です。

02

住宅ローンでマンションを購入する際は、自動的に「団体信用保険」に加入しますので、万一の時には残債が保険金で一括返済されます。そのため、残されたご家族は不動産売却による一時金として受け取ることができますし、そのまま永続的な家賃収入を得ることも可能です。つまり、マンション投資は「生命保険の加入」と同じ効果を得ていただけるのです。

03

比較的安価な中古の「ワンルームタイプ」ならば、初期投資はかなり少額におさえられます。当然、毎月のローン金額も少なく、「家賃収入」でほとんどまかなうことができます。だからこそ、自己資金の少ない若い会社員の方々でもマンション投資をはじめられる方が増えているのです。実際、20代~30代のオーナーさまの多くは、わずか数十万円の頭金で中古のワンルームマンションをローンで購入。ボーナス等で繰り上げ返済をしながら完済時期を早め、2件目、3件目の物件を購入される方もいらっしゃいます。

04

日本経済は長らくのデフレから脱却しつつあり、近い将来にインフレが起こることを予測する経済評論家もいます。仮にそんな時代になったとしても、マンションの家賃は、需要と供給に見合った価値が維持されます。しかも、銀行預金のようなペイオフ、株式証券のような大暴落といった危機にはほとんど見舞われません。つまり、堅実な投資運用を望む方にとって、インフレに強いマンション投資は安心・安全な手法といえるのです。

05

日本では超低金利の時代が何年も続いています。定期預金、国債等の金融商品の低い利率がいつになったら上昇するのかは、見当もつきません。一方、「都市型マンション」経営の利回りは、いま現在も平均して5~6%(※)と高い水準を保っています。資産運用の手段として圧倒的に有利であることは、この数値から見ても明らかです。 ※不動産データバンク「東京カンティ」調べ

06

パートナーやお子さまに資産を相続、または贈与するときは必ず訪れます。その際、現金や預貯金の場合は、「全額」が課税対象になります。一方、不動産の場合は、「評価額」が課税対象。よって、ご家族の負担が軽減される効果が期待できます。また、マンションを購入して他人に貸した場合、さまざまな「経費」が認められます。そのため、会社勤めの方は、住宅ローンの金利や管理費といった経費を確定申告すれば、勤務先から源泉徴収された所得税が還付されます。このように「節税」という点でも十分なメリットがあります。